JBAトラウトベーシック講座講師詳細

主催:日本ブッシュクラフト協会

講師詳細

戻る

相馬拓也

Bush Craft Inc.代表取締役社長、JBA代表理事。
ブッシュクラフトにおける食料(タンパク源)確保術として相性の良いトラウトフィッシングに着目し、自社ブランドにてトラウトフィッシング用品を手掛ける。
Youtube等で自ら釣法や釣果の配信をしたり、トーナメントにも積極的に出場。
(2018、2019、2020準決勝進出)

飯島宏樹

完成フライショップ「鱒夢」の代表であり、日本屈指のプロタイヤー(フライ巻き職人)。
氏が考案したフライパターンは本場の米フライショップでも採用される等している。幼少期からフライフィッシングを続け、好きが高じて店を開いたフライマン。
釣り場と釣り方、キャスティング技術、フライタイイング、全てに深く精通しており、ガイド業も営んでいる。

長島勝弘

フライ用品メーカーである株式会社フルックス代表取締役社長。
米FFF公認のキャスティング技術のインストラクターとして、最難関のMCIを取得しているトッププロの一人。MCIを持つ者は日本にはたった5名しか存在しないといわれている。

遠藤祐紀

Bush Craft Inc.社員。
幼少期から様々な釣りに精通し、釣り場での出会いをきっかけに、それまでの仕事を辞めてBush Craft Inc.のフィッシング事業部に入社。
暇さえあれば竿を振っている生粋の釣りバカ人間。
トラウトの他、海、船、バス等、様々な釣りを経験している。
(2020準決勝進出)

戻る